2013/07/09

5原発、10基 原発申請の記事

昨日22時半に就寝したら、今日は5時半に目が覚めました。

使える時間は同じ。

疲れたらさっさと寝て、すっきり目覚める!



朝日新聞記事から

「冬にも再稼働 政権が後押し」、1面トップ

その面の下に「再稼働前に将来像」を、と「科学部長の上田俊秀」氏のコメントが

先日、原発事故を追った「いのち」というドキュメンタリー映画を渋谷に見に行きました。

奄美の知人がカメラマンとして参加した映画で、ご案内があったので。

福島、チェルノブイルの現場が写し出されます

特に「いのち」の視点から、

人間、飼育されていた、牛、鶏の無残、残酷な姿

放射能の健康被害の状況も。

阿部政権は、企業、財界の要求通りに再稼働を急ぐ

地元住民、自治体はどうでるのだろうか

これも先日みた映画、「渡されたバトン」で住民の粘り強い反対運動で原発阻止できたようですが、福島事故の様子、放射能汚染の「恐怖」

人ごとではない筈なのに。

地震がある度に全国各地の原発は大丈夫かと、心配しなくてはならなくなる

廃炉にしていくのにも、膨大な時間がかかるだろうに。

一部の人間の「欲」が、大勢の人間の人生と環境をかくも破壊したのに、何故、罰せられない?

責任を明確にしないのか!



そして、またくりかえそうとする!

選挙で「自民圧勝」なんて結果がでたら、ゆうゆうと再稼働、TPP参加、消費税増税、憲法改悪、集団的自衛権へと、あの「ふむ、どうだい顔」で強行するつもりだろうか



国民の良識、国民の英知を望みながら、暑い、熱い選挙戦、