2013/07/12

選挙はドラマ②

いろんな出逢いがある、選挙戦。

今朝は6時半からJR相模線 上溝駅で宣伝戦。日本共産党の腕章し、法定1号ビラ配布とスローガン登り、タペストリー。

1時間の間ですが、何人かの人とお話ができました。

タクシーの運転手、。不景気の中で、政治への思いは強い。

共産党がんばれ、と5人のうち、3人は言ってくれた。

2人ははっきり、「他党」と。

今回も、女性の反応が良い、

私は駅改札口から見て右手側で立っていたのですが、左手側から駅に向かう女性の視線をずっと感じたので、近づいていきましたら、

話しかけてきました。

姉夫婦が福島県の浪江町。新築の家があるのに、避難先の仮設住宅暮らし。

原発はだめ。

神奈川県の選挙区で増えた1議席は福島県で減った1議席、と話すと、驚き、日本共産党、是非伸びて欲しい、と。

目と目で、握手。

一人の初老の男性とも対話。この方の方からちかづてきて、次々と話す。

東京空襲の体験者

戦争の恐ろしさ、愚かしさ。自分も憲法を守る運動をもっとやりたのですが・・・・と。

少ない乗降客数の駅ですが、いつもよりも大変好反応がありました。



9時半からは水源地域対策特別委員会でした。



1時半頃から、少しお休みタイム。

その後、電話による対話、支持のお願いを。

10年前くらいから時々、お話する生活相談野方、記していた携帯電話に掛けると、全く別人。

携帯電話番号も変わるんですね

実は選挙本番で、知人のこの番号の方に日本共産党の支持のお願いの電話をしたことを話すと、北海道のこの方、「共産党はすばらしいですね」「是非伸びてほしいです。応援しています」と。

間違い電話になってしまったのですが、ばっちり対話になり、支持のお約束をしてくれました。

ご無沙汰をしていた何人かの方に次々と対話。

一人だけ、長いつきあいでしたが、はっきりと、「他党支持」の方も。

ま、こういう事もあるでしょう



時間いっぱいまで、やり、淵野辺駅頭へ



小池晃候補の街頭演説会

司会をすることになっているので、少し余裕を持って出発。

180人前後の人、人。

おもわぬ人、何人かが来てくれてきて、感激です!

ひしひしと今度は伸びて欲しいの思いを感じます。

自共対決、自民党の暴走に歯止めをかけるためにも、日本共産党へ、

日本共産党の1議席は他党の数十議席に匹敵する議席と週刊誌で指摘されたことも紹介。

歴史的な選挙戦、91年の党の歴史、思い残すことなく、頑張ろうと。



ふー。暑い中、盛りだくさんの1日でした!