2013/06/05

何か、手伝いたい・・・・

今宣伝活動や訪問活動の中から「何か手伝いたい」との声がこのところ続けざまに寄せられ、感激しています。

先日は女性の方、10才から公害病で苦しんできた方の話は衝撃的でした。

今も後遺症で日常生活の中で不自由な暮らしを強いられていますが、活気があり、この方から何か、手伝いたいとの申し出は、こころ打たれるものがあります。

また、今政治で苦しめられている人が共産党を伸ばすために力を貸したい、と。

先日は、市議団Hpにメールで、「手伝いたい」と。

お会いして話しを聞くことにしました。

また、街頭宣伝時に話しかけてきた男性も。

もっと、伸びてほしいの思いを受けて、こちらが励まされます。



話変わって。

我が家の前の公園に、「登りたくなるような桜の木」枝振りが木登りに最適1

しかし、木に登るのはやめましょう」のひらがなの看板が。

しかたがない、のですが、異論はないのですが、

なんとも残念。

小さい頃、私はそんなにおてんばさんではなかったのですが、が、木登りは実に楽しかった!

ガジュマルの木は枝が四方に伸びていて登りやすい

木登りって不思議。少し目線が高くなるだけでも、感動!

今は高いビル、マンションで高いところから見晴らす、見渡すことが簡単なことですが、子どもの頃、自分でひやひやしながら登った木登り

我が子の子育ての時、そのことが出来る「木」がない!

学童クラブや、ボーイスカウトで経験させたけれど、子どもの身の回りに日常生活の場で経験できることが少なくなった。

6月8日、「相模原に冒険遊び場を作る会」の活動報告会があり、案内状を頂きました。

是非参加したいと楽しみにしているところです。

子どもは今の、今を生きる。

銀河の森プレイパーク、自然に中で5感を働かして夢中で遊ぶ!

いいね!