2017/08/19

9月定例会 スタート 議案書、決算書配布される

昨日の議運から9月定例会がスタートします。
議案書、陳情書、決算書等が配布され、総務法制課と
財務課から全体的な説明を受けました。

今議会には、「公民館の有料化」条例改正案と、それに伴う
補正予算案が出されています。

日本共産党市議団は、これまで、方針が出されたとき、
具体的な使用料金案の数字が提示されたとき、
議会の度に代表質問、一般質問、所管常任委員会で質問、
撤回を求めてきました。

有料化反対の市民運動も展開され、今議会には、
署名もだされ、陳情が数団体から出されています。

何故、社会教育機関である「公民館」が
有料化になじまないか、何故、無料であるべきか、
住民、利用者間の分断をもたらす有料化は
地域コミュニティの拠点としての存在を壊すなど、
様々な角度から質問し、こちらの意見を展開してきました。

市議団ニュースや団として、教育委員会に撤回を求める
申し入れも行ってきました。

国や全国のな流れはありますが、
本市として、何を大事にし、守り伝えていきたいか、
財政が厳しく、なんとしても、存続できない、
一定の市民負担をお願いするというならば、
徹底的な市民との対話、議論が必要です。

教育委員会は、扶助費が増加し、財政がきびしいから
と主張していますが、市全体財政状況をみると、
現段階で、市民の多くの反対の声を押し切って強行するという段階とは
考えられません。

高齢社会、孤立社会が進行する地域のなかで、
真に満足度を持って、生きがいを持って安心してそして、豊かに
生きるための関係づくりは大事なことではないでしょうか

お金に余裕のあるひとだけでなく、
全ての人に、公共サービスとして提供されるべきです。

「公民館」
これまでと、今、そして、将来を考えて
本市での「無料化」の継続を求めていきます。



2017/08/16

療養型病床群、来年度から廃止、で、入所者はどこに?

今日は、南区で、生活相談、午後から緑区での相談
南区では、過去の市議団の相談の続き、
緑区では、「療養型病床群が来年度から廃止、現在入所者の方の
行き場がない!」
 これまで、直接的な相談が寄せられてなかったこともあり、
こうした国の政策が地方自治体の現場、国民にどう影響してくるのか、
という点での意識、追及がなされなかったことに
自分ながら、議員として、申し訳ないような感情に。

 今回の問題はじっくりと市の実態を捉えたいと思います。

この間、福祉の問題での相談、環境問題などの市民からの相談
現場で確認してきたり、お会いしてきたり、
小雨のなか、動きまわっています。

わが身に降りかかってこなければ、実感できない、
ということでは、存在意義がない!

市民全体に国の政策、市の施策がどう影響してくるのか、
どうあるべきか、どうすればいいのか、
簡単なことではないけれど、
市民目線で考える、市民の実態、声を聞く。

9月定例会の議運は18日金曜日、
「議会モード」に・・・・

 
 
 
    お盆の日、初盆の方を訪ねたとき、お庭に
         ん? 4つ葉のクローバっぽいけど、違うっぽい?
         一面、4つ葉だらけだし・・・・


2017/08/15

終戦記念日、そして、叔母のこと

私は、戦争体験はない

 「戦争」は、「活字・写真」や「戦争体験者の言葉」から追体験をしてきた。
でも、きっと、本当の体験とは全く違うだろう、と自覚をもって読む、聞く、見る。

 現実世界に起きている紛争、戦争。
「戦争をする普通の国」をめざす自公政権の政府のきな臭い動き。

 日本が72年間「戦争しない」国であったことは、「戦争」への日本国民の被害、加害の傷が大きかったこと、「日本国憲法」を日本国民が守り抜いてきたからこそ。

いのちの「尊さ」をお葬式の時感じる。
 お葬式に参列する機会が多いのですが、
その時感じるのは、
個人の「いのち」の尊さ、家族、親族、友人にとって、
一人の存在、いのちがこの世にはもう存在しなくなることの悲しさ・・
お別れがこんなにつらいのに、
「戦争」は「国家の大義名分」のために、いとも
軽く、大量に国民のいのちを奪う、

 決して繰り返させない、
「戦争への道」
終戦記念日は戦争犠牲者への哀悼と不戦の決意を固める日。

 そして、戦争は身近な人の決して癒えることのない、悲しみを
思い出させる日。

 身近な人の体験談を忘れることができない。
空襲に会い、一緒に逃げていた恋人が直撃弾で、むごい姿に。
しかし、それを助けることもできずに、逃げなければならなかった、
恐怖と悲しみと・・・
こんな体験は、日常は記憶のかなたであっても、
時にふっとよみがえり、いたたまれない思いに・・

身近な人の戦争体験は
不戦、戦争に加担しない日本を!
の思いを強くする

戦争をしなかった日本を誇りに思い、
戦争へ向かおうとする日本を拒否し、
戦争のない世界、核兵器のない世界へむけ自分のいのちを生かす。

有限の人生
自分がどの立場、陣営にたって、
生きていくのか、
いのちのバトンをつなぐ存在として、感謝と決意を。

2017/08/11

松永レポート 8月号

松永レポート 8月号

 

公民館有料化に関する条例改正案、教育委員会議傍聴

昨日 9月定例会に提出されてくる公民館等有料化条例改正案について
教育委員会議が行われ、傍聴しました。

 教育委員会は、教育長と5人の委員で構成されています。
6人の方が教育行政トップとして、意志決定するのですが、
教育行政の教育委員会委員は選挙で選出されていません。

 かつて、公選制であったものが、変わって任命制となり、教育行政を執行していますが、時の権力からの影響を受けずに、教育行政の独立性を保つ、という点からも、大変重要な行政機関ですが、市民の信託にこたえきれているかどうか、複雑な心境になりました。

 市長部局の提案を、選挙で選出される議員が、議会で賛成、反対等の採決で、最終的に決定されますが、教育委員会所管のこの案件も議会に出されてきます。

 この案件については、各委員さんの質問、意見、教育長の意見がだされました。
 財政が厳しいので、やむを得ない、
 市民負担への配慮がみられる、
 教育委員会が行ったアンケート結果からも、市民の理解は得られるだろうと。
 他市と比較、本市の公民館活動の歴史、こもごも語られましたが、
 有料化について、総員賛成という結果でした。

社会教育委員会議を傍聴したときと同じような、重い疲労感を覚えました。

2017/08/09

原水爆禁止世界大会 長崎

長崎被爆から72年
 原爆死没者は17万7443人

 各兵器禁止条約制定、そして、核兵器廃絶へ!
 赤旗記事では、「国際フォーラム」の状況を伝えています。

 「原水爆禁止日本協議会の高草木博代表理事は、被爆国の国民として大きな責任がある。被爆の実相を世界にも日本の国民にも知らせ、核兵器廃絶の先頭にたつ政府に変えなくてはならない」と呼びかけた、そうです。

 本長崎大会には日本共産党市議団からは山下
伸一郎議員が参加していますが、歴史的な大会、
「政府を変えよう」の思いが強くなります。


9日の今日の駅頭宣伝では主にこのことを訴えました。

 宣伝紙のしんぶん赤旗もつぎつぎに受け取っていただき、
 受け取ったかたが「ありがとう」、とか、「頑張って下さい」の声が
かかりました。

 1回、1回の選挙で、歴史を「前に」進めよう!

2017/08/08

「なんという胸の痛みだろうか」


このところ、重い相談が相次ぎ、様々な思いがめぐる
自分にできること、力及ばないこと・・・
ハッピーエンドでない相談は、思いが沈む

そんなとき、
「なんという胸の痛みだろうか」を聴くときがある。
過去にそんな心境の時があったようで、私のブログがありました。


こちら