2018/10/16

相模総合補給廠へのミサイル防衛司令部移駐撤回を!

昨日は、市民団体とともに、相模原市長に
司令部移駐について、市としても撤回を求めることを要望する市担当課との話合いを行いました。

 そして、今日は16日、司令部要員が移駐してくる日とされています。
相模総合補給廠、西門の正門ゲート前で抗議と移駐撤回を求めるアピール行動をおこないました。
 市内の平和団体はじめ、様々な団体、畑野君枝衆議院議員、共産党市議団と今宮雇用対策室長、座間市議団、綾瀬市議団など、近隣自治体の皆さんも参加して総勢65名で、要請書を手渡し、コールをおこないました。

 基地返還は相模原市の市是、長い間、市長、連合自治会長を先頭に
「基地返還促進市民協議会」としても毎年政府に要望交渉を行ってきました。

 陸軍第一軍団前方司令部がキャンプ座間に創設される、基地強化
になる、というときには、故小川市長は「黙っていれば百年先まで基地のまち」、などのスローガンを掲げ、市民ぐるみの集会、デモ行進の先頭に立ったものです。

 今回は詳しいことがほとんど分からない、ということもあり、まだ、市民の中にも情報としても浸透していません。

 東アジアの対話、平和の流れが確実に一歩一歩進んでいるとき、
北朝鮮からミサイルが発射されたときを想定した、このような軍事強化は軍事緊張を高めるものであり、時代に逆行するもので許されません。

 補給廠の一部返還が実現し、ここに市民の期待が詰まった新しいまちづくりが始まろうとしている地点です。

 危険な軍事拠点になっては、長年の市民の願いが遠のくことにもなりかねません。

 市民とともに声をあげていきます。
 今日は午後3時から中央区スーパー前宣伝を行います。


 

2018/10/15

「巨額のもうけが転がり込んでいる富裕層と大企業」

 じっくり、じっくり日本共産党第5回中央委員会総会
志位委員長の幹部会報告を読みました。

 情勢と安倍政権告発1、「安倍政治の大破綻、一刻も早くこの内閣を終わらせよう」、
2、「当面するたたかいの課題と日本共産党の立場」、
3、「参議院選挙、統一地方選挙をたたかう方針について」の構成となっています。

 この中の2-5、「巨額のもうけが転がり込んでいる富裕層と大企業に応分の負担を」の項の数字には改めて怒りを覚えます。

 「保有株式時価総額1000億円以上の超大株主が
保有する株式の時価総額は、
安倍政権の5年9か月で3・5兆円から17・6兆円にもふくれあがりました。   大企業の純利益は、この5年間で19兆円から45兆円へと2・3倍にも膨れあがりました。」

「税金は負担能力に応じてー応能負担の原則にたつならば、
富裕層と大企業に応分の負担を求める税制改革こそ、
いま取り組むべき最優先の課題であることは明らかではありませんか」

 安倍首相は来年10月に消費税10%引き上げを明言しました。
知り合いの零細事業者の顔が浮かびます。年度末に消費税分が払えない、資金繰で消費税分をプールしておくことは困難だから。
 3%、5%、8%、10%へ
 どんなに一生懸命働いても税金に持っていかれる!
 借金返済のために必死。

巨額の利益を受ける1%の層と99%の層、あまりに不平等!
支配層のために政治は変えるしかありません。

「99%の幸せのために」    (私の名刺にスローガンとして記している                  のですが)


2018/10/14

日本共産党第5回中央委員会総会

13日、日本共産党第5回中央委員会総会が開かれました。

志位委員長報告はこちら

平和のための5つの緊急提案
暮らし第一で経済を立て直す5つの改革

国民の実態や思いにぴったりとかみ合うもので、
力が湧いてきます。

市民相談から、私たち一人一人が安倍政治のもので、
どんなに暮らしと自分らしく生きる権利を
奪われているか、を感じるからです。

10月28日のJCPサポーター祭りが初めて行われます。

サポーターまつりはこちら

「ちょっとのぞいてみませんか」
「共産党と接点のなかった人、サポーターでない人も大歓迎」ですって!

2018/10/12

「日米地位協定見直しを」の意見書、北海道議会

赤旗11日付記事で

北海道議会 10日全会派一致で、「日米地位協定のあるべき
姿への見直し」を求める意見書を可決
、と。

7月 全国知事会議で 日米地位協定の抜本的見直しを求める提言が
全会一致で決議されていますが、北海道議会も「国民のっ生命・財産と人権を守るため、日米地位協定のあるべき姿へ見直すなど適切な措置を講ずるよう強く要望する」という内容。

 この意見書原案は日本共産党道議団が提出した、と。


意見書案はこちら
      (北海道議会HPから)


ドイツやイタリアに比べても日本のアメリカとの地位協定は治外法権的な特権を与えている、。

 相模原市も今回の相模総合補給廠に突然ミサイル防衛の司令部が創設されるとの通告、はまさに、従属、差別的な地位協定の極み。

 他会派にも呼びかけながら、相模原市で、この事態の時、議会としても
声をあげるよう、はたらきかけていきたい。

2018/10/11

小雨の中、「ゆめクラブ スポーツ大会」決行

朝、小雨。ゆめクラブ (老人会)スポーツ大会が決行されました。
9時半開始。
いつものように来賓あいさつ。市長、議長、会長・・・
今年からは議員紹介は一人づつではなく、区ごとにまとめで
「中央区の市議会議員」という感じの紹介。
(こんなに多いんですからね)

 このスポーツ大会は何故か、好きです。
 きっと私、体育会系だからかも。
最後の準備体操までしっかりと一緒におこないました。

 年を重ねても、スポーツで、どきどき感をもって、また達成感をもって、
体を動かせるって、幸せなこと。
またシンプルな競技ですが、組みをつくって、競争して
勝っただの、二番だ、三番だ、で単純に喜ぶ、も楽しい!

体を動かす、みんなと一緒に、、、ここに楽しさがあると思います。
次の用事があり、長く見学できませんでした。

 で、ふと見ると、「地面」グランド、芝の様子があまりに悲しい。
維持補修が不十分。

 1年に1度のスポーツ大会の会場として、この状態は
あまりに、無残。
今年の猛暑の関係もあり?
高齢者は、小さな段差でも躓くことがあるのに、大丈夫でしょうかね。
市民が安心して利用できる整備は適切に行われるべきです。

 
この小雨の後、しばらくして、雨はやみました。よかった、よかった。








2018/10/10

松永レポート 10月号

松永レポート 10月号です。
http://matsunagachikako.blogspot.com/p/blog-page_39.html

米軍相模総合補給廠へのミサイル防衛司令部創設に関する
記事は、11月号で詳しく載せていきたいと思います。


2018/10/08

市民アンケートに回答続々

日本共産党北部地区委員会と市議団主催で、
市民の皆様の声を直接おききする「市民アンケート」を
市内全域に配布させていただき、その回答が続々と
党事務所に寄せられています。

現時点で約1600通くらいですが、このペースは過去最高レベルです。
猛暑だったこともあり、アンケート配布がまだ、すべて完了していない地域もあるなか、この回答数には、市民の関心と期待の高さを感じます。

氏名・住所等が記載され、地域要求や相談等が記載されている場合は
要求実現に努力してまいります。

 3区の各議員頃に仕訳し、それぞれ取り組んでいくことになります。
中央区は私と竹腰議員が対応していくことになります。

 この写真は私の担当する地域のほんの一部です。
(共産党市議団は、基本的に
各議員が地域性を責任を持って対応する形をとっています。)
現在5人で全市的な行政課題に対し、市民の声が届く、市民の願いを実現するために奮闘しているところです。

 市民アンケートがご自宅に届きましたら、ご意見、ご要望、相談等
是非ご協力いただけますよう、よろしくお願いします。

 また、届いていないよ、という方は北部地区員会 042-757-1613
 松永ちか子  090-7840-1418 まで
 ご連絡下さい。