2021/10/21

選挙はドラマを生む

 選挙活動は様々なものがありますが、今回の選挙での公示後活動の私のメインは

支持を広げること。支持を広げることをお願いすること。


選挙になると、宗教団体に入っているという他党支持の青年から電話がかかってくる。

いまの自分の所属の団体、党への不満、不信、支持の迷い、揺らぎがあることを

率直に伝えてくる。よーく話を聞く。

自分の労働や生活の実態から、今の政治の在り方が、どんなに間違っているか、

信用できないか、実感できるから。


自分の人生に自分が責任をもって生きていく、ためにどう判断し、どう行動するか、

青年は悩む。

「今」という時間、1日は刻々と「過去」になっていく。

「過去」は決してやり直しができない。時間を戻すことは決してできない。

現瞬間をどう生き、未来につなげていくか、青年は悩みながら、

対話をしながら、自分の考えを整理していく。


「時代に生きる」選挙になると、必ずのように電話がくる青年。対面したことはないけれど、頑張ろうね、っていう気持ちになる。


「政権選択」の選挙、

マスコミ的にも今回の選挙をそう報道している。

地元で私たちは、「スタンティング」宣伝。

日に日に好反応がでているように感じる

今日は南橋本駅。

相模線は乗降客数が少ない。駅前のスーパーの客数も少ない。

それでも選挙中、1度は立ちたいと、皆で話合い、実行。

で、対話も、チラシも受け取りや励ましがあり、共産党に入れるよと相手から

声が出たり、感動!

予定したチラシや見本紙を完了

夜7時からは緊急会議。

各地で奮闘する発言、現情勢分析、行動提起など、心に刻んで

やるべきことをやりぬく。歴史は国民が動かす。


今日も支持者からお昼に差し入れがあり、みんなでいただきました!

明日は早朝6時半から上溝駅頭でのスタンディングです。

4年間の国民のいのち、生活がかかった選挙。あと10日間、頑張りぬきたい。


2021/10/20

有権者の期待感、ひしひし

 今朝は恒例の水曜日朝宣伝。

選挙中ですので、もちろん、様々なルールはきちんと守って。

選挙期間中というのは、有権者の方も意思表示がはっきりしてきます。

通勤の方で手を上げて激励してくださる方、今日は、がっちりと

グータッチで「自民党をひきづりおろしてよ」「頼みますよ」と。

いつもは静かな雰囲気の方ですので、思いが伝わり、感動です。

一緒に活動している方が、「今日は、こちらが、おはようございます、と挨拶すると

頭を下げていかれる方が何人もいた」と。一つの意思表示です。


ハンドマイクはつかえませんので、党名のない「なにより、いのち」のプラスターやのぼりですが、

腕章には、日本共産党と。

そして、先日日本共産党に入りませんかとお話した方が、

入党を決意したとの嬉しい話が。

すこしづつ、動く?


あなたの1票があなたの未来をつくる。

小選挙区は野党候補 長友よしひろ候補へ

比例代表は日本共産党へ



2021/10/19


19日、本日選挙戦スタート

 19日から31日までの選挙戦がスタート

11時からは立憲民主の長友よしひろ候補の「出陣式」に参加。


「長友候補 出陣式」

選挙が公示されると、市内は一気に「静か」になります。

宣伝カーやハンドマイクもダメ、ポスターも制約、証紙が張ってあるもののみ、

党名、候補者の入っているものはダメ、

プラスターは党名があるとダメ、のぼりも党名はダメ、

身に付ける腕章はオーケー。

ダメ、ダメの不思議なルールをきちんと守りながら、有権者に明るく、元気よく訴える


スタンディング=プラスターで。

マイクは使えないので、肉声で。

今日は恒例のスーパー前で、スタンディング。

大変好反応、激励や期待の声をうけました。


お昼前には支持者から差し入れが入ったり、
おやつ時間頃には、お菓子の差し入れがあったり、
みんなと一緒に戦う選挙戦の様相に・・

わくわく感も・・・。
「なにより、いのち」 自民党の「敵地攻撃能力」だの宇宙戦争?
気候危機の時に、必ずくるとされる巨大地震の警告出されているときに・・

「棄権は危険」
本当にそう、選挙に行こう、声を出そう、と。
これから、毎日駅頭や、街頭などでスタンディングを行います。

選挙に遠い方が選挙にいく、投票する、と変われば、政治は動く、、、んだけどな、、、

電話での対話のさ中に、市民相談が急遽入ってきました。

生活相談が優先です。

不思議とかさなるんです。忙しい時の突然の相談。

目の前の一人ひとりを優先。

さて、明日も頑張ろう。

2021/10/18

歴史は動くか。明日いよいよ、衆議院選挙

衆議院選挙活動と生活相談と、そして11月の講演準備と・・・

私たち市会議員は、目の前の相談者の様々な苦難の解決に寄り添いながら、明日への希望を持ちたい、の願い

自分らしく生きたいの願い実現に向け、国政を変えるチャンスとして、

出会った多くの人たちを心に思い浮かべながら、明日からの選挙を精一杯

頑張っていきます。


昨日は雨の中、神奈川土建さんの「住宅デー」に参加

寒さや雨、風も強く、朝一番にお邪魔したときは、まだ、

人出はすくなく、徐々に増えてきました。


地域の中で、仲間とともに、地域を守る、草の根の職人さんたちの

ド根性。検血車もきていて、お天気が良ければ、協力したいところでしたが、

今日は他にも活動があり、いろいろお話を伺い、失礼しました。

コロナ禍で仕事がすくなくなり、大変ですが、仲間のなかで、頑張りぬく力が湧くものです。元気をいただきました。

私もしっかりがんばりますぞ。




          雨の中の住宅デー 雨にも負けず、風にも負けず


今日は、朝一番で金曜日の生活相談の宿題で担当課に話を聞いてきました。

建築審査課ですが、問題解決は相当難しい。

明日、相談者に回答しながら、次の方法に向けて相談に行く予定。


11時からは米軍基地相模総合補給廠前でのミサイル基地撤退をの要請行動。

羽生田議員と座間市議団、各市民団体と。

ゲート前警備の自衛隊(?)は昨年と違って要請書をすんなりと受け取ってくれましたが、

昨年と違って、境界線の白線からは基地側に入るな、と。

ずっと問題なく、続いてきたのに、ゲート警備の担当者が変わるたびに、ああでもない、こうでもない、と。

人が変わると対応が変わる?

おかしいではないか!

市の渉外課に報告と今後の対応についての要望を伝えてきました。




            ミサイル司令部は撤退を!

そして、会議、会議と。

明日から公示後の活動予定の確認と準備。


いざ!

野党統一候補の事務所に伺います。

2021/10/15

選挙にかかわりなく、日常の市民の困窮、悩みはつづく

 今日は、午前中、定例の1時間の街頭宣伝を地域のみなさんと一緒に行う。

長年続けている場所なので、宣伝中も声がかかって対話になる。

お元気、お変わりありませんか、から、選挙の話になる。

自公政権はもうだめ、90才を超えた女性が明瞭に語る。

こちらは語る間もなく、次々と勢いよく語る。

がんばってよ、頼むよ、と。


ある床屋さん、コロナでお客が大幅減少

宿泊業や飲食業には一定の給付金等があるのに、こうした事業には一切ない、

コロナ後まで生き抜いていかなければ、廃業になってしまうと、お客様が困っていまうので、歯を食いしばって頑張るけれど、いつまでがんばれるかわからない。

いつも、明るく素敵な方ですが、今日は厳しい表情。市民は頑張って耐えている。


零細事業者の廃業休業、倒産、過去最多としんぶん。

なにか、支援誠制度はないのか、宿題をいただく


15日は年金の日。

郵便局も銀行も人の列。


午後からは2件の急な「生活相談」が。

高齢者夫婦の微妙な相談。

耳が遠そうですし、発音の関係で明瞭に聞き取れないので、お宅を訪問。

長いお話が続く。

聞き取る、傾聴。80才の方の認知の点も気になりながら傾聴を続ける、続ける。

でも、理解度はわかりませんが、最終判断だけはしっかりとつたえました。

家族内の関係性の問題もありそうな気がしたので、相談者本人のお話を伺ったのち、

家族の方のお話も、別の場所で伺い、私の考えを述べる。


次に向かったのは、党事務所にお手紙が来た方。がんで声帯をなくした方。

地図を確認し、訪問。

コロナの感染減少という現状でも十分に距離間を気をつけながら。

人生、まさかのことが起きる!

行政に相談もしたけれど、なんとも冷たい、杓子定規の文書回答。

そんな怒りや不安のところに、すぐに現地確認に来てくれた、と涙を流さんばかりに

喜んでくださる。

なにも解決していないし、なかなか難題ですが、一人ひとりの悩み、苦しみ、

相談に乗りながら、精一杯努力すること。

微力だけれど、すこしでもちからになりたい、と。


月曜日に担当課に相談に行きますが、宿題が2件。

月曜日は相模総合補給廠前での、ミサイル司令部創設の抗議行動もある。



2021/10/14

14日、解散 いざ、選挙へ

 しんぶん赤旗、選挙モード

立憲民主党との候補者一本化決定。

変わるときは変わる。

この変化を生かすせるかどうか、現場力にもかかってくる

今度の選挙は、政党間だけの交渉的な変化ではない

市民連合、世論の力が政党への風を送って、協議と決断をせまってくる


2面にずらりと「政権交代」を実現する一本化した候補者を列記

政治的決断とはこいうものか、と驚き。

 日本共産党候補で一本化

  福島5区

  東京4区 谷川智之 

  大阪5区 宮本岳志


立憲民主が候補を取り下げ、日本共産党が新たに候補者を擁立

  千葉6区 浅野史子

  愛媛4区 西井直人


立憲民主で一本化 北海道から福岡までの21区で

  神奈川県では日本共産党候補をおろした区は

    2区 と 13区 

  13区の佐野候補は、先日党の会議に出席決意を述べたばかりですが、

  情勢変化で中央委員会レベルでの判断によるものと思いますが、

  政治が動くときは動く

  歴史的な選挙結果につながるよう、自分にできることを

  思い残すことなく頑張りたい


 昨日は夕方4時近くから地域の方とハンドマイク宣伝活動を行いました。

 目の前を通る方がにっこりしながら、頑張ってください!と

 共産党は元気で頑張りますよ!との思い伝わったでしょうか


  「共に」、「共に、幸せを」 

  日本共産党の党名に思いを込めて訴える