2017/10/15

市民選挙ボランティア、えー!今日も!ドラマ満載の日々。

おばさんになると、感動やさんになるのかな。
今日も事務所に詰めていますと、市民の選挙ボランティアが。
それも3人!
ここ連続来ている「若い綺麗な女性」も引き続き。

市民とともに共闘する選挙、
「安倍政権を終わらせる!」、「新しい政治を」、

こうした流れが大河を作り、歴史を変えるんだろうな、と。
ここ、相模原からも、・・・・

歴史の前進の方向への大道を歩む。
責任と誇りと。

子どもたちを想いうかべ、車椅子のおじさんを思い浮かべ、
窓から手を振ってくれた、おじいさんを想い浮かべ、
ETC,ETC・・・・・


選挙は総合戦

候補者の演説で心を動かし、
組織戦、1票1票を訴え、
宣伝戦、ビラや駅頭、街頭での勢い、注目と共感を呼ぶ

99%の国民の幸せのための政治を!

共産党は「イメージ」による、ハンディを持っていますが、
必ず、理解、共感、支持していただける、

ゆうゆうと、
力強く、
「共に」を訴える。

明日から市民・文教常任委員会の視察で金沢市、石川県へ
怒涛のあらしから2日間遠ざかる




2017/10/14

市民ボランティア、次々と

「市民」との共同での選挙戦、
本当に、こんなことって、起きるんですね。

昨日、党事務所に若い綺麗な女性が
「選挙のお手伝いしたいのですが・・」と尋ねてきました!
急な選挙で、てんてこまいの事務所

「ありがとうございます。
では、早速、これを・・・」と、
細かな作業をお手伝いしていただきました。

この方は今日も、こつこつと肩の凝る
細かな作業をしていただきました。
いきいきと、楽しそうな笑顔で手伝っていただくのは
本当にこちらも明るく、嬉しくなります。

で、今日は別の熟年女性が。
また、夕方には、あるクリニックのお医者さんが
手伝いたい、と尋ねてこられ、
候補者カーの回りで配布できる候補者(^◇^)写真入りのビラ
に小さな証紙を張る作業を3時間ほどしていただきました。

カンパを届けに来て下さる方もあり、
日々感動の連続です。

今日は夕方4時半から桜木町駅まえ広場での志位委員長演説会に
参加してきました。
志位委員長、はたの君枝候補、岡崎ゆたか候補、
選挙本番中の候補者の演説は迫力にみち、心に届くものでした。

さて、中盤に入っていきますが、
1日1日の変化で、大波を作れるよう、
真の「希望」につながる
新しい政府を

国民の手に取り戻そう、と
活き高い熱気あふれる演説会でした

16日には相模大野駅、午後3時での田村智子副委員長を迎えての
演説会となります。

カー全景


20歳の青年の応援発言がまさに「希望」
堂々と、
説得性をもって、青年の要求と政治、そして
日本共産党の値打ちを語る

市民連合の方の、応援演説も
市民と野党の共闘が新しい日本をつくる!

34歳、若々しい力強い演説
未来を、温かく、力に満ちた青年に託したい

はたの君枝比例候補
日本共産党が伸びて、現実政治を
どう動かしたか
市民との対話の中からの説得力ある演説を
かけがえのない議席であることを実感

候補者頑張れ、国民の声、願い届け!





2017/10/12

心に届け、選挙の訴え

今日は早朝6時半より、中野渡候補とともに、駅頭での挨拶
14区は3人の候補が。
共産党、自民党、希望の党

駅で、バッティングしないよう、3候補は日程調整をしていますので、
地方選挙の時のようにはなりません。

主要駅でそれぞれルールにのっとって、有権者に訴えます。
朝6時半から、夜の8時までの宣伝カーに。(日中は他の用があり、降りましたが)

さわやかに、きちんと政策が伝わるように。
宣伝カーで回っていた時、淵野辺周辺で、
車椅子の夫を押した老夫婦。
共産党の宣伝かーに、車椅子の夫さんが、
びっくりするような大きな声で「頑張れ!」と。
こういう時、胸キュン、です。(あれ?こんな時に使うんじゃなかったっけ?)
「その期待に応えられるよう頑張ります」と。

夕方宣伝カーで回っていると、
以前生活相談に乗った親子にばったり
お互いすぐにわかり、奇跡的な再会を
喜び合いました。

また、19時半からの相模原駅頭宣伝、
以前しんぶん赤旗を読んでくださった方が寄ってきて、
しばらく情勢談義。
その後、自分のほうから「赤旗」をまた、読みたい、と。

わ、わ、選挙って、いろんなことが起きるものなんです。

 明日は比例選挙カーが相模原に入ります。
小田急相模原から橋本駅まで、私が道案内
比例候補は小選挙区候補との重複ですが、
若い岡崎候補です。

橋本駅で18時半から1時間比例候補の演説が行われます。


以下の写真は今日の写真、相模原駅と相模大野駅で。

早朝6時半 相模原駅


10時半相模大野駅




さわやかで、力強い 畑野きみえ比例候補

2017/10/11

選挙戦は感動のドラマ、ドラマ

選挙がスタート。
候補者とともに、宣伝カーや辻宣伝

小学生の反応がすごい。
今までも、選挙となると「お祭り」ですから、物珍しさに
小学生たちが寄ってきたり、手を振ったりします。

ま、これは、候補者カー、どの党にもやるんだろうな
と思いますが、

この頃は小学生と「対話」になるんです。
今日は小学4年生です。

男の子たちでした。
元気に公園で遊んでいましたが、候補者カーが
ちかずいてくると、次次と寄ってきます。
質問してきます
意見を述べてきます。
小学4年生が。

戦争に関する質問、意見が多いのですが、
北朝鮮のミサイル発射が連日テレビで報道される、大人の
会話の中にでてくることが、子どもたちの「不安」に繋がっているのかもしれません。

「戦争はいやです。」
明確に意思表示します。

選挙権のない子供たちが
戦地にいくことがないように、
今度の選挙、子どもの感度、大人の感度が
問われています。

こどもたちの屈託のない、輝くえがお、

大人の責任は大きい!

明日も頑張るぞ!の思いに満ちてきます。

 
この近距離に寄ってきて、じっと聞いているんですよ。
ここでは、女の子たち

2017/10/08

中央区イベント  ペインティング

第4回?
中央区のペインティングの
のイベントが、リバティ通りを歩行者天国、車両通行止めして、
行われました。

今日はものすごい暑さになってしまいましたが、広い公道いっぱい
のびのびと子どもたちや若いパパママ、孫の出番のあるじーじとばーば、
音楽、美術等、手作り体験など、にぎやかに行われました。

共産党事務所の目の前の道路上ですので、党事務所は
「トイレ」はこちら、と解放し、利用していただきました。

選挙の準備でてんやわんやでしたが、
トイレやいつの間にか、「更衣室」「楽屋」的な利用も
され、お祭りモードでした。

公道が歩行者天国、って本当のんびり感がでるものですね。
たまに、大空のもと、このようなイベントもいいかも。
(お天気に左右されますが)
 
 
 
 

松永レポート  10月号

松永レポート  10月号

こちら


でご覧下さい

2017/10/07

「市民と野党の共闘候補 240超」、これこそ、希望

毎日、毎日の動きがすごい!
赤旗の数字が刻々変わる

 衆院選の小選挙区289のうち、市民と野党の共闘候補が240
日本共産党は、市民・野党共闘候補 のために、64人の共産党候補を取り下げる。
「小選挙区での共産党候補への1本化は160超」と。

今回の選挙、希望の党の支持率がどんどん下がっている中、
まさに、「自公」と「市民・野党」候補のたたかい。

希望の党は時間がたてば、たつほど、ほころびがでてくる。
「戦争法廃止」と4野党共闘を進めてきた民進党から議員たちの
良心の痛みがでてくるのでは?(ん、無理かな?)

比例代表で共産党がどこまでのびるか、
現時点で、日本共産党の比例代表候補は65人。
国民の願い、期待をうけ、
地方からも頑張っていきたい

昨日の街頭宣伝では、次から次から、
嬉しい、楽しい市民からの反応が。

連日街頭、駅頭での宣伝行動を行っていますが、
これまでにない温かい反応を受けています。


福島の地震、は余震とのことですが、大丈夫でしょうか
記事では、原発に異常なしとのことですが、
今後も余震の可能性について述べられています。
あの、ぼろぼろの建屋、
本当に不安です。

世界でも大型地震は発生していますが、その度に
関連しての津波や福島での地震の不安が募ります。

私たちは、
もしかしたら、自然の動きの中では、
危うい、時点にいるのかもしれない。